鶴川水彩土曜クラス



カテゴリ:[ サークル ] キーワード: 土曜クラス


525件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[558] ありがとうございました。

投稿者: しみ 投稿日:2019年 3月20日(水)11時42分41秒 softbank221037082083.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

先生、先日の最後のレッスン
本当にありがとうございました。

オイリュトミーを参観させて頂き、一朝一夕では身につかない
積み重ねていく事で
あるときふと、美しい動きが身になっていることが分かるものなのだと実感しましたし、
先生の詩や俳句の言葉の音が美しく
さらにmorino先生のお祝いのオイリュトミーを拝見し
桃源郷にいるような心地になりました。
美しい時間をありがとうございました。

水彩で描いた富士山も、
自宅帰宅後に下の子は
スケッチブックに何枚も富士山の絵を描いていました。

初夏の頃や秋に集まれる機会がある事も、とても嬉しいです。

元氣な姿を見せられるように
心身ともに健やかにいられるよう
これからの新しい日々を過ごしたいと思います。

本当にありがとうございました!




[557] 再会

投稿者: morino kuma3 投稿日:2019年 3月19日(火)20時46分44秒 p7675234-ipngn35401marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

 6月、薔薇が見ごろなったら、ばら広場に集まろう。11月の丘の上祭りにもささやかな同窓会を考えています。
近くになったら、掲示板でお知らせします。



[556] 富士山

投稿者: morino kuma3 投稿日:2019年 3月17日(日)18時47分41秒 p7675234-ipngn35401marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

噴火している富士山を描きました。
1、今から300年前、江戸中期、宝永山の噴火。
2、平安時代、800年前の噴火。
3、新富士火山は、1万年前。縄文の人々は、驚いたでしょうか。

みんなそれぞれ、自分の感性で表現できています。
とても充実した最後の授業になりました。
昨日は、色いろとありがとうございました。




[555] お休みします

投稿者: kuma 投稿日:2019年 3月16日(土)09時47分54秒 KD106167101063.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

本当に次々にいろんな花が咲き始めましたね♪
今日は雨になってくれたら..と思っていたのですが、残念ながら、試合が入ってしまったため、息子はお休みさせていただきますm(__)m

私(母)だけでもごあいさつにうかがいたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。



[554] 土曜クラス

投稿者: morino kuma3 投稿日:2019年 3月15日(金)12時37分6秒 p7675234-ipngn35401marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

梅の花、こぶしの花、沈丁花の花が咲いて春らしい気候になりました。
いつも挨拶は、「こんにちは。」「ありがとうございます。」
こんにちは、出会いのご縁、ありがとうは、感謝のことばです。
〇 ありがとうは、魔法の言葉、くらい気持ちも、笑顔に変わる。

持ち物は、いつもと変わりません。テーマは、富士山です。

〇 オイリュトミーの時間は、2時から2時半までです。(訂正済み)








[553] 振り返って

投稿者: kamo 投稿日:2019年 3月10日(日)00時36分20秒 fp276e137c.tkye313.ap.nuro.jp  通報   返信・引用

子ども達が描いた絵を振り返ってみてみるときれいな絵が描けていて素敵です。時間は過ぎてみると早いですね。

振り返ってみると、高3の息子が未就園児の頃、子どもを膝に抱えた大人達の勉強会をしていた頃から小野先生と時間を共にして来ました。午前中ゆっくりお話を聞きお弁当を一緒に食べ、その後も子育て相談などおしゃべりして、一日のんびり過ごしていたことがついこの間のようです。
気質のお話、7年期のお話、感覚論のお話、シリーズで何年かかけて話しを聞くというような今では気の長い話しと言われてしまうのでしょうか。とても豊かな時間でした。
そういえば最近は第7七年期?でしたか。一番現実的な、神から遠ざかっている時期と前に話されていた年齢だなあと実感しつつあるこの頃です。でも、先生と毎月お会いしていても、中々そんな話をゆっくりする時間が作れないなあと感じていました。
お話会に、子ども連れが多いからと親子でフォルメン線描を書く実習をするようになりました。
学生時代以来、久しぶりにクレヨンを持って規則的な曲線を歌に合わせて描くことが心地よかったことを今でも覚えています。笹の葉のフォメンだったでしょうか。

その流れで小学生になった子ども達のクラスをお願いしたのが水彩クラスの始まりでした。
あくせくした時代の中でオアシスのようなあたたかい雰囲気の中お話しを聞き自分の絵に向かう時間、簡潔な言葉の指示に反応して動きみんなで作り上げていくオイリュトミーの美しさ、芸術と教育の一体化した素晴らしさに参観の度に感動していました。

最近は
時代の雑音など身の周りにまとうものが増え、子どもの自然が発揮されるのが難しいと感じる場面が急速に増えて来ました。正直、その子どもの自然を守る為の活動に一番心をくだきつつも力及ばないことに落胆し続けているともいえます。

そんな中での心の拠り所の一つであった先生方との時間が無くなるショックとでも、責任を全う出来ない先生方への申し訳なさへのいくばくかの解放感を感じています。

上のクラスの卒業まで、体調の厳しい折も続けてくださりありがとうございました。今の時代に貴重な時間を過ごすことが出来、子どもの大きな力となると思います。

私にとっては長年に渡りお会い出来たことは、時代に流されそうになる自分を取り戻す貴重な機会でした。ありがとうございました。

下の子クラスについては先生のご体調の可能な範囲で、提案していただいたような機会が少ない回数でも作れれば嬉しいです。

出来るものなら、長めの時間でオイリュトミーも合わせてのクラスをお試しで半年でもやりたい気持ちではありますが…



[552] 弥生三月

投稿者: morino kuma3 投稿日:2019年 3月 2日(土)13時28分2秒 p7675234-ipngn35401marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

 多くの方から、掲示板に感想を寄せていただいたことに感謝しています。
春夏秋冬の季節をテーマに、子ども達と一緒に絵を描いていて学ばされることが、多々ありました。
自然の美しさ豊かさに感動する心が目覚めたら、人生が幸せで溢れるという体験を小学校の卒業生から、たくさん寄せられています。
昨年の3月、6人の子どもたちも、美しいものに感動する心で卒業していきました。豊かな心でこれからの人生を生きていく仲間たちでしょう。

6年前に11人でスタートした時からのスケッチブックを眺めていると、2013年12月の島筒さんのクリスマスコンサートから始まって、14年4月に野津田公園での「縄文の歌」リコーダー合奏。5月のバラ広場でのスケッチなど、思い出に残る体験をしてきました。
3年ほど前から、体調を崩して、富士見高原での夏の合宿も出来なくなりましたが、昨年、大腸の手術をして、その後の経過を見ながら、この2月にポリープを切除して、日常の生活は、回復しましたが、車での遠出は、控えています。

下のクラスの子も、少しずつ、絵を描くことの興味が、出てきて、これからのびていくでしょう。一回いっかいの絵の時間は、一期一会と思い、子ども達と向かい合っていると、きれいな作品に驚かされることが、しばしばでした。

3月16日(土)のオイリュトミーも、発表会ではなく、いつもの練習風景です。
これからも子ども達を取りまく教育現場が、忙しくなるでしょうから、こころして自然にふれて行くことが、重要になるでしょう。






[551] 3月の会場について

投稿者: しみ 投稿日:2019年 2月27日(水)19時52分48秒 softbank221037082083.bbtec.net  通報   返信・引用

3月のレッスンの会場についてです。

●3月16日(土) 市民センター 第2会議室
13時~14時30分 上のクラス
14時45分~15時30分 下のクラス

●会場係 いいださん

なお、上のクラスのオイリュトミーを参観させて頂ける事になっていますので、参観されたい方は来るお時間をお早めに^ ^

以上よろしくお願いいたします。



[550] クラスに想いをよせて

投稿者: しみ 投稿日:2019年 2月27日(水)19時47分36秒 softbank221037082083.bbtec.net  通報   返信・引用

みなさま、こんにちは。

今回のことでみなさまと気持ちをシェアし合いながら、
自分がどのような想いで子どもたちに水彩をさせたかったのかを、そもそもの想いを忘れていた事に気が付き、反省をしております。

その上で周りを観察してみると、
上の子がはじめた6年前とは、子どもたちを取り巻く状況や環境が明らかに変わってきています。
下の子を取り巻く状況はさらに放っては置けない状態です。

この教室で教えて頂いているような、
繊細で美しい世界を味わい、積み重ねていくこと。
これを出来る環境がどんどん少なくなっており、
話し合いの中でも話が出ましたが、
このようなものは決して目立つものではなく、子どもたちの気持ちも初見では向きにくいもので、こちらから意識的に触れさせていく必要があると心から思いました。

これからどのような形になるか
祈りをのせて

3月のレッスンを受けさせていただきたいと思っております。

いつもありがとうございます。



[549] (無題)

投稿者: いな 投稿日:2019年 2月27日(水)16時32分25秒 softbank060125222039.bbtec.net  通報   返信・引用

こんにちは。
朝晩は冷えますが、少しずつ春らしくなってきましたね、、
いよいよ6年生の娘も卒業を控えて、、しみじみしております。

上の娘は6年間、下の息子は3年間、
お世話になった水彩クラス、毎回、子どもたちが先生方から受け取ってきたものは、何かを強く主張したりアピールするスキルなどではなかったことを、この度、改めて感じた次第です。

先生方の醸し出す空気に触れて、お話を聞いたり、またその世界を想像したり、絵の具のにじむのをじっと見たりして、、ゆったり、優しく流れる時間の中にいられたことは、この時代、とても豊かで貴重な時間だったのでは、と思います。

オイリュトミー、一度見学させて頂いた時に、なんてきれいな動きなんだろう、、と子どもたちをみて驚いたのを覚えています。
また、先日、娘が今教わっている?オイリュトミーの動きを、歌いながら、練習?していて、それを見ていても、
とても素朴で、芸術的な気がしました。← うまく表現できませんが、、、優しい気持ちになりますね。。

今は、シンプルで素朴な時間を過ごすことが、難しくなってきているのを痛感しています。。
だからこそ、私もこの水彩の時間を、何がどう、とは言えなくとも、貴重な時間として捉えていたのですが、、
いつの間にか、バタバタと子どもの送り迎えに終始してしまい、、
先生方には、物理的にも、気持ちの上でも、ご負担をおかけしていたのだなと、、改めて、申し訳なく感じております。

一昨年の6月に野津田のバラ園に行った時の様子、今だに、よく覚えています。
私も子どもたちに混ざってバラの写生をしました。あまり人もいなかったので、あちこちに咲いているきれいなバラをみているうちに、気付くと一人になっていたり、、静かなバラ園での時間、思い出すと、心がいやされます。
また、先生と、普段できない学校の話など聞いて頂いたこと、それも、いい思い出です。。
子どもたちも楽しかったのではと思います。

来年度も、先生方のご負担にならないような形で、あのような時間がもてるなら、、と願いながら、
先生方、みなさんと、3月のクラスを迎えたいと思います。

長くなりましたが、、

改めて、感謝しつつ。


レンタル掲示板
525件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.