teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


何でも飛ばそう会 EDF機編

 投稿者:カバトット  投稿日:2018年 7月 8日(日)20時40分37秒
返信・引用
  前日までは豪雨が予想されていましたが、EDFグループが集まると
なぜか奇跡的に天候回復です。今回はEDF機に限らず、何でも飛ばそうという
気楽な飛行会でした。色々な空物が集まりましたがやはり注目はEDF機に集まります。
富山のHIDEさん製作旧ドイツのハイブリッド試作戦闘機は見事なフライトを披露。
埼玉のSOTM先生のMIGは素晴らしいタービン音を響かせ豪快な飛行。
TKHS名人はアバンティを操り超低空飛行でギャラリーを沸かせましたが
超低空ナイフエッジ中に地面と・・・・・・・!!悲鳴が響きました。残念。
皆さん楽しそうに遊んでいました。
 
 

今月の飛行場使用予定

 投稿者:会長  投稿日:2018年 7月 2日(月)17時13分33秒
返信・引用
  7月4日、5日、11日~13日にTKKさんが5名程でいつものテスト飛行の予定。
7月7日、8日にEDFグループが来場予定。
いずれもクラブ員の使用を制限するものでは有りません。
 

単独飛行めざして

 投稿者:カバトット  投稿日:2018年 7月 2日(月)08時49分19秒
返信・引用
  KAKE氏の指導のもと、特訓中のYOSIさんです。
トレーナーコードはあるものの上空ではほとんど使用せず、安定したフライトです。
たまに先生の指導も有るようですが、もう少しで離陸から着陸までの単独飛行となりそうです。
頑張って下さいな!
 

その名は”魔女”

 投稿者:カバトット  投稿日:2018年 6月14日(木)19時19分37秒
返信・引用
  すごい名前の機体を持つのは新会員となられたYAMAさんです。
たぶん当クラブ最年長と思われますが30年ぶりにラジコン復帰だそうです。
昔は相当飛ばしこんでいたようですが、復帰戦は電動練習機からスタートです。
機体は恐ろしい名前ですが実に素直な良い飛びをしていました。
機材や動力の進化にビックリされていましたが、すぐに感覚を取り戻す事でしょう。
 

ドレスアップ

 投稿者:不思議工房  投稿日:2018年 6月12日(火)17時55分11秒
返信・引用
  長い間眠っていた電動ヘリE6が完全復活。今回はスケールボディを身にまといドレスアップ。
どうせ3Dフライトをやろうにもできないので、スケール路線に変更。
優雅に飛ばせたら良しである。
グラスボディの重量増も気になるところではあるが、テストフライトでは全く問題のない
飛行ができた。これから細かい設定を煮詰め更なるスケールフライトを目指したい。
カウルのみの機体と比べると圧倒的な存在感でGoodである。
 

今週の飛行場使用予定

 投稿者:会長  投稿日:2018年 6月 5日(火)10時50分28秒
返信・引用
  TKKさんが6日~8日に5名程でいつものテスト飛行を行います。

また10日の日曜日にゲストさんが3名ほどお見えになります。

クラブ員のご協力お願いします。
 

無尾翼機

 投稿者:カバトット  投稿日:2018年 6月 3日(日)17時55分15秒
返信・引用
  TOMO氏が変わった無尾翼機で登場。
その名は”ZULU”と言うそうですが機体には”ZURU----イ”の文字が。
スパン1.5m程度のEPS製で超軽量、しかも前縁部が可動になっており
キャンバーが変えられる仕組みです。非常に変わった仕組みに注目が集まりました。
初フライトは”普通”に飛び、○○を期待していたギャラリーはがっかりです。
変な機体ですがグライダー状態での滑空性も良く楽しめそうな感じでした。
 

複葉機大好き

 投稿者:カバトット  投稿日:2018年 6月 2日(土)20時14分53秒
返信・引用
  久しぶりにMATU氏が飛行場に。自他共に認める複葉機大好きマニアです。
今日は黄色のタイガーモスをフライトです。ARF機ですがスケール感が良く
飛行安定性も素晴らしいものがありました。特にゆったりとした低空ローパスは
良い感じです。穏やかな天気にも恵まれ気持ち良さそうに大空を楽しんでいました。
 

タウベ

 投稿者:ミニモア  投稿日:2018年 5月30日(水)17時47分22秒
返信・引用
  自作派のKUBT氏が珍しい飛行機を披露です。
実機はオーストリアで製作された古典期の部類で何とも特徴的な外観を持っています。
アメリカ製の超古いセミキット(図面とリブ型と少しの材料のみ)からの完全自作機です。
製作は電動仕様に改造やエルロン追加やら材料の調達等で相当にご苦労だったようです。
形が形だけに飛行性能は???を予想されたようですが、製作した模型は実に素直な特性
で素晴らしい安定性を持っているようです。
下から見上げるとまさしく”鳥”ですが見ていて飽きない優雅さがありました。
 

飛行場整備

 投稿者:会長  投稿日:2018年 5月26日(土)07時22分26秒
返信・引用
  6月3日(日)9時より飛行場周辺の草刈を行います。
クラブ員の方々は刈り払い機等持参でお集まり下さい。
 

レンタル掲示板
/50