投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


アジサイ

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 6月20日(土)07時17分35秒
返信・引用
  いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

雨が降り続く種子島ですが、19日は晴れ間が出てきました。
久しぶりの青空も見えました。
現在、種子島の各地の道沿いではアジサイがきれいな花を咲かせています。
梅雨時期を代表する花ですね。
写真のものは、西之表市古田平松の道沿いのガクアジサイです。
ピンク色の花が何とも素敵なことか。
 

さつまいも畑

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 6月19日(金)07時36分18秒
返信・引用
  いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

雨が降り続く種子島です。
さつまいもの植え付け作業も時折見かけることもあります。
4月から6月にかけてさつまいもは植えられます。
全般的に人手による植え付け作業が今も多い農作業です。
植え付け面積の多い農家では、機械を使って作業します。
まだ、まだ、機械の普及はほとんどないのが現状です。
さつまいもは、サトウキビの収穫されたあとに植えられることも多いようです。
 

サトウキビ畑

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 6月18日(木)06時01分52秒
返信・引用
  いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

現在、種子島は雨が降ったり、やんだり、曇ったりと晴れ間のない天気が続いています。
畑では、ほとんど農作業をする人は見かけない状況です。
写真は、サトウキビ畑です。
緑あふれる状況です。
しかし、日照不足も出てきますので、植物にとって晴れ間も大事です。
 

ゲットウの垣根

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 6月17日(水)07時35分32秒
返信・引用
  いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

現在、種子島は梅雨の真っ只中です。
初夏に海岸や内陸部では、ゲットウが開花し道沿いなどでその花を楽しめます。
そのゲットウ、背丈は高いもので、2メートルを超えるものも見かけます。
場所によっては、畑の畔にゲットウが蜜に群生して防風林の役目をしているものも見かけます。
写真のものは、中種子町牧川の広域農道沿いのゲットウの垣根です。
 

種子島宇宙センター施設特別公開

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 6月15日(月)07時55分15秒
返信・引用
  いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

6月14日、種子島の南種子町種子島宇宙センターで施設の特別公開が行われました。
そのイベントの中で、スペシャルバスツアーに参加しました。
その中で、唯一撮影が許可された大崎第1事務所に保管されているH2ロケット7号機の実物が写真のものです。
当日、雨が降る中、中止されたイベントもありましたが、宇宙科学技術館では、宇宙服の試着体験やエイサー、民謡演奏、フラダンス、ベリーダンス、吹奏楽の演奏、タヒチアンダンスなど楽しませてくれました。
その模様は、サイトで、写真と動画で掲載しています。
どうぞ、ご覧下さい。

 

Re: 月桃(しゃにん):ご返信

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 2月17日(火)21時13分3秒
返信・引用
  > No.46[元記事へ]

> ゲットウは草花コーナーに写真と解説が載っていました。失礼しました。わかり
> やすかったです。
>
> でも、クマタケランの存在も知り、実家に帰省したときに姉が作ってくれるおに
> ぎりを包む葉っぱが、どちらなのか不安になりました。今度、帰ったときによく
> 観察したいと思います。
>

あんなーよさん、こんにちは。
ふるさとに帰った時に食べるおにぎりが楽しみですね。

ゲットウとクマタケランの葉だけだと区別がなかなか難しいと思います。
できれば、花の咲き方の違いによる区別が分かりやすいですよ。
今後ともよろしくね。
 

Re: 月桃(しゃにん):ご返信

 投稿者:あんなーよー  投稿日:2015年 2月16日(月)10時32分17秒
返信・引用
  > No.41[元記事へ]

> >  管理人さん こんにちは。
> >
> >  「種子島の花木・樹木」に月桃(しゃにん)を追加するのはダメですか?
> 月桃は、四季折々の草花で紹介しています。
> 樹木ではないので、草花コーナーが適当かと思います。
> ゲットウ、クマタケランの区別も書いているので参考にしてね。

管理人さん、お久しぶりです。

すみません、せっかくお返事を頂きながら、しばらくサイト訪問しなかったので
今日になりました。情報、ありがとうございました。

ゲットウは草花コーナーに写真と解説が載っていました。失礼しました。わかり
やすかったです。

でも、クマタケランの存在も知り、実家に帰省したときに姉が作ってくれるおに
ぎりを包む葉っぱが、どちらなのか不安になりました。今度、帰ったときによく
観察したいと思います。

ところで、かからんまんじゅうのことが話題になっているのを見て、とても嬉し
く思いました。子どもの頃からの好物です!

かからの語源ですが、こんな説を見つけました。

包む葉の茎にはトゲが多いので、「かからん(鹿児島弁で"触らない")」葉とい
うことから、かからんまんじゅうという名になったということです。鹿児島では
まんじゅうではなくて、かからん団子のほうが知られているみたいですね。

ちなみに私の母は阿久根出身ですが、私が小さい時に近所の犬や猫に触ろうとす
ると「かからんてやーろ」と注意してくれてましたね。ちゃんとした種子島弁じゃ
ないと思いますけど。(笑)

すみません、いろいろ語ってしまって。

これからも種子島の情報発信をよろしくお願いします。
 

Re: かからまんじゅう

 投稿者:種っち  投稿日:2015年 1月28日(水)22時39分28秒
返信・引用 編集済
  > No.44[元記事へ]

管理人さま さっそくしかもたくさんの情報ありがとうございます。
名前に「バラ」がついているので思い出しましたが、ばあちゃんとこの葉っぱを取に行った際にトゲがあったことを思い出しました。
本当に凄い情報量ですね。スッキリしました。こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
 

Re: かからまんじゅう

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 1月28日(水)22時12分23秒
返信・引用
  > No.43[元記事へ]

種っちさん、こんにちは。

さっそくですが、「かからまんじゅう」の葉のことですが、四季折々の草花コーナーで紹介していますよ。
三種類の葉があります。
小さいまんじゅうを作るのであれば、「ハマサルトリイバラ」の葉っぱを使ってください。海岸に行けばたくさん見つかりますよ。
中くらいのまんじゅうを作りたいのであれば、「サルトリイバラ」の葉っぱを使ってください。
大きいまんじゅうを作るのであれば、「サツマサンキライ」の葉っぱを使ってください。山や農道で見つかるはずです。
名前の由来はわかりませんが、包む葉は、蒸気で蒸すわけですら、頑丈な葉でないと破れたりします。サルトリイバラやサンキライの葉は頑丈で蒸した後の香りもすごく素朴ないい匂いがします。
また、形がほぼ円形で見た目もすごくいいでしょう。
そういう理由で選ばれているのではないでしょうか。
1月と4月の草花コーナーに掲載しています。
サルトリイバラ~ http://www.furusato-tanegashima.net/sk/sa-name/sarutoriibara.html
ハマサルトリイバラ~ http://www.furusato-tanegashima.net/sk/ha-name/hamasarutoriibara.html
サツマサンキライ~ http://www.furusato-tanegashima.net/sk/sa-name/satumasankirai.html

以上です。
今後ともよろしくお願いいたします。


> 管理人さまお疲れ様です。突然ですが、「かからまんじゅう」について教えてほしいのです。包んでいる葉っぱの名前とその由来を教えてほしいです。よろしくお願いします。
 

かからまんじゅう

 投稿者:種っち  投稿日:2015年 1月28日(水)18時38分52秒
返信・引用
  管理人さまお疲れ様です。突然ですが、「かからまんじゅう」について教えてほしいのです。包んでいる葉っぱの名前とその由来を教えてほしいです。よろしくお願いします。  

/14